風俗求人で身バレしない、モニター確認ができるホテヘル

モニター確認のシステムについて解説いたします

知人や友人を避けられる

モニター確認やアリバイ会社を利用することで身バレ対策が出来ますが、それでも100%身バレが防げるわけではありません。ホテヘルは待機部屋からラブホテルまで徒歩移動をしますが、1人でラブホテル街を歩くことになるので不自然に感じられてしまいます。そのため、徒歩移動中にも身バレ対策が必要なのです。

最も効果的な方法はファッションを変えるということでしょう。服装はもちろんのこと、ヘアスタイルやメイクも変えることをおすすめします。ホテヘルで働く女性の中には、仕事中は別人格を演じるタイプも少なくありません。慣れるまでには時間がかかりますが、次第に別人格を演じることが楽しくなるでしょう。

また、ラブホテル街は繁華街となっていることが多いので、夜間は多くの人で賑わっています。人混みに紛れることで身バレを防ぐことが出来ますが、多くの危険も潜んでいるのです。週末は飲みに出る人が多いので酔っぱらいに絡まれることも考えられますし、しつこくナンパをされる可能性もあります。キャッチが声をかけてくることもあるでしょう。そのため、身の危険を感じた場合はすぐにスタッフに電話をかけて助けを求めましょう。ホテヘルにとって女性は何よりも大切な存在ですのですぐに助けてもらえます。

店舗だからこそのメリット

モニターで確認することで知り合いをNGにすることが出来ますが、見た目だけで判断出来ないことがあります。特に、普段はスーツ姿しか見たことのない相手だった場合、プライベートのファッションでは気づかないこともあるのです。そういった場合は電話番号でNGにすることが出来ます。

ホテヘルのお客さんはプレイ料金を支払うと、その足でラブホテルに移動して1人でチェックインをします。そして、ラブホテルの部屋番号が決まるとお店に電話をかけて部屋番号を伝え、女性を派遣してもらうというシステムです。そのため、お客さんは最低でも一度はお店に電話をかけなければなりません。そこでお客さんの電話番号が分かりますので、仮に知り合いの電話番号だった場合にNGにすることが出来るのです。

また、知り合いでは無かったとしても、プレイ中にトラブルが起こることがあります。特に本番強要は多いでしょう。そこで本番をしてしまうと噂が広まってしまいお店が摘発されることも考えられるので、本番強要はホテヘルにとって最も悪質な行為なのです。そのため、本番を強要されたらすぐにスタッフに電話をかけましょう。悪質なお客さんはお店から出禁にすることが出来るのです。

モニター確認ってどうなっている?

デリヘルは受付がありませんのでホームページを見て女性を指名して、女性にプレイ料金を支払います。しかし、ホテヘルは受付がありますので、受付で女性を指名して受付のスタッフにプレイ料金を支払うシステムです。デリヘルとホテヘルは同じプレイ内容ですが、受付の有無という大きな違いがあります。

実はこの受付が身バレ対策のポイントとなっており、受付にはカメラが設置されているのです。カメラの映像は待機部屋のモニターに映し出されており、そこでどのようなお客さんがやって来るのか分かるのです。そこで、仮に知り合いがやって来たとしてもNGにすることが出来ます。ホテヘルはモニター確認が出来ませんので、ラブホテルで知り合いとバッタリということもあるのです。こうなってしまうとごまかすことが出来ませんが、ホテヘルのモニター確認であればその心配がありません。

また、ホテヘルのお客さんは受付で写真を見て女性を指名しますが、その写真にはモザイクがありません。そのため、いくらホームページ上でモザイクをかけていても、そこからバレることもあるのです。このリスクを避けるのであれば、受付の写真にもモザイクをかけることが出来ます。しかし、受付の写真でもモザイクをかけてしまうと指名率が低下するので注意しましょう。

モニター確認は風俗求人なら魅力的!

ホテヘルは誰もが高収入が得られる仕事ですが、性的なサービスを行うことからマイナスイメージを抱いてしまうもの。そのため、ホテヘルで働くのであれば身バレ対策をしなければならないのです。多くのホテヘルはそういった部分にも力を入れており、さまざまな対策を行っています。これは風俗求人選びにとって重要なポイントです。特に彼氏や夫に内緒でホテヘル勤務を検討している女性は要注目でしょう。

代表的な身バレ対策はアリバイ会社でしょう。アリバイ会社を利用することでダミーの名刺を用意してもらえます。この名刺には名前と会社名、電話番号、メールアドレスなどが記載されているので、見ただけでは実在する会社に勤務していると思われるでしょう。

もちろん、この電話番号に電話をかけられても問題ありません。こちらの番号に電話をかけるとアリバイ会社のスタッフが「本人は不在ですので改めて連絡させます」と対応してくれるのです。そのため、電話で風俗勤務がバレることはありません。さらに、メールアドレスにメールが送られたとしても、携帯電話に転送されるので問題無いのです。携帯電話から受信だけでなく送信も出来ますので、バレるリスクはありません。

身バレが気になる女性はアリバイ会社を使っている風俗求人を探しましょう。身バレ対策に力を入れている大阪の風俗求人情報サイトにはアリバイ会社からモニター完備、顔出し不要でプライバシー保護100%との記載がありました。ここまで徹底してもらえれば、女性は安心して働くことが出来るでしょう。そして、ホテヘルのモニター確認です。こちらではモニター確認のシステムについて解説いたします。これによって身バレ対策が出来るでしょう。